ヒバマタフコースによるアポトーシス試験

ヒバマタフコース50gをTFAで、高分子ヒバマタフコースF-N-1と残りのF-D-1に分解抽出。

さらにF-N-1を100°Cで熱抽出して分解して得た純度の高い高分子ヒバマタフコースF-N-2と残りのヒバマタフコースF-D-2について癌細胞の細胞死誘導試験を行った。

ヒバマタフコースによるアポトーシス試験

その結果、高分子ヒバマタフコースF-N-1に活性が見られることに加え、さらに純度の高い高分子ヒバマタフコースF-N-2に最も活性が認められた。

日本癌学術総会の歩み日本癌学術総会の歩み